スマホ保護フィルムの必要性 オススメの貼り方や口コミをチェック

公開日: 

スマホ保護フィルムの必要性

こんにちは。
今日はスマホ保護フィルムの話題をお届けします。

スマホを落して割っちゃったという人,
けっこう多いみたいですね~~。

昔のガラケーと違って本体が大きいので
落した時の衝撃もかなりあります。

ある知人がスマホを落して割ってしまい,
修理に出したところ数千円もかかったそうです。

一瞬の不注意でこんなことになるなんて
ほ~~んといやですよねっ。

それともうひとつは表面の汚れ。
指紋の汚れやファンデーションの汚れって
なかなか落ちません。

その都度いちいち拭き取るのも面倒なので
そのまま使い続けている人も多いのでは?

また,バッグなどにスマホを入れておくと
コスメの容器の角が当たったりして
表面に傷がつくこともあります。

そんなときに役立つのが保護シート。
スマホの画面にシートを貼り付けることで
傷や汚れからしっかり守ってくれます。

そんな保護シートについて,
この前,ちょっと驚いたことがありました。

知り合いがiPhoneを落とし,
画面がバキバキになってしまったんです。

ところが知人は何食わぬ顔をして
『あ、大丈夫だから…』と表面のフィルムを
そっと剥がすと…

なんとスマホの画面は完璧に無傷でした。
もぅ~~ビックリです。

保護シートのありがたさをしみじみ感じた私。
以来,私もしっかり貼るようにしています。


<スポンサーリンク>




スマホ保護フィルムのオススメは?

というわけで
あるに超したことはないスマホ画面の保護シート。
いったいどれを選べばいいのでしょうか。

さっそく今,一番人気の
保護フィルムをチェックしましょう。
楽天のスマホランキングをご覧ください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

楽天 スマートフォン・タブレットランキング

1位のアイテムにご注目ください。
レビュー数1万に迫るの大人気の保護フィルムです。

価格は1,000円でしかも送料無料。
更にポイントキャンペーンにエントリーすると
11倍ものポイントが付きます。

楽天で大人気のこの保護フィルム。
いったいどんなフィルムなのでしょうか。
詳しく見てみることにしましょう。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

楽天人気No.1強化ガラス 4行まとめ

1) 充実の付属品で誰でもキレイに貼れる
2) 表面強度9Hはカッターを当てても傷がつきにくい硬さ
3) 透過率98%でクリアなディスプレイ
4) 指紋防止,気泡防止,飛散防止の3防止機能つき

以下,具体的に見ていきます。

1) 充実の付属品で誰でもキレイに貼れる

強化フィルムを張るときに
一番心配なのはうまく貼れるかかどうか
ということではないでしょうか。

位置がずれてしまったり
気泡が入ってしまったりすると
せっかくのフィルムも台無しです。

でもこの強化ガラスなら大丈夫。
綺麗に貼るための付属品が充実しています。

1つめがマイクロファイバークロス。
細かく織り込まれたクリーニング用の布で
スマホ本体の画面をキレイにします。

2つめがアルコールバッド。
これを使えば落ちにくい指紋などの汚れも
キレイに拭き取ることができます。

3つめがダストステッカー。
どうしても取れない小さなホコリも
これを使えば一網打尽。

この3つの付属品を使えば
スマホの表面をチリひとつない完璧な状態に
クリーニングすることができます。

2) 表面強度9Hはカッターを当てても傷がつきにくい硬さ

強化ガラス保護フィルムは
4層構造でスマホの画面をしっかり守ります。
使われている素材はもちろん国産品。

自動車の窓や太陽電池のガラス,
空港や美術館のガラス外壁などにも
使われている素材です。

ちなみにHというのは硬さを表す単位。
2Hなど鉛筆の硬さを表す場合にも使われます。

“2Hの鉛筆”って聞くと
かなり硬いイメージですよね。

これが9Hとなるわけですから
その強度は相当なものになります。

カッターの先端を当てたくらいでは
ビクともしない硬さです。

この9Hの強度で
あなたのスマホのディスプレイを
しっかりとガードしてくれます。

3) 透過率98%でクリアなディスプレイ

光の透過率が98%以上と
スマホ画面の美しさを損なわない
高透明度を実現しました。

この後の口コミ情報にも出てきますが
実際に使った人はその透明度に驚きます。

今まで使っていたシートと比べて
見違えるように綺麗になったと感じる人が
ほとんどです。

4) 指紋防止,気泡防止,飛散防止の3防止機能つき

指紋を付きにくくしてくれるので
美しい画面でなめらかな操作が可能です。

または付着した汚れも
サッと拭くだけですぐにとれるので
メンテナンスも簡単です。

保護フィルムにありがちな
気泡対策もバッチリです。

薄手のフィルムと違って曲がらないため
画面にそっとおいて真ん中を軽~く押すだけ。

これだけでジワ~~ッと空気が抜けて
気泡一つ入りません。

飛散防止加工がされているので
万が一スマホを落した時でも安心です。

割れたガラスはスマホの表面に貼りついたまま。
すぐに剥がして貼り替えればまた元通りです。


<スポンサーリンク>




スマホ保護フィルムガラスの張り方

貼り方は超簡単です。

1) 表面をきれいに拭きます

同封されているアルコールパットと
マイクロファイバークロスを使ってキレイにします。

それでもまだホコリが残る場合には
同封のダストステッカーを使って取り除きます。

2) 粘着面の保護フィルムをはがします

はがす時に指紋が付くんじゃないかと
心配する人がいるかもしれませんね。
でも大丈夫です!

付属のシールを用いることで
粘着面に直接手を触れることなく
綺麗にはがすことができます。

3) 強化ガラスをそっとのせます

強化ガラスのサイズは画面ギリギリなので
慎重に位置を合わせながら表面に接着させます。

ガラスの真ん中をそっと押すことで
気泡が入りづらくなり均等に密着します。

完全に密着するまで1~2日かかるので
なるべくそっとしておきましょう。


<スポンサーリンク>




スマホ保護フィルムガラスの口コミ

楽天に寄せられた約1万件の口コミ。
その中からいくつかをピックアップしてご紹介します。

・この値段でこの品質は素晴らしいと思います。
・前回iPhone5を落とし画面を割ってしまったので購入しました。
・5回以上コンクリートの地面に落としていますが全くの無傷です。

・保護フィルムより完全クリアな画面でフリックも良好です。
・今まで貼っていた保護シールに比べて断然画面が綺麗です。
・画面も非常にクリアですし,操作性もストレスを感じません。

・ 4,000円のガラスフィルムと比べても遜色ないです。
・指の滑りが良くなったのでツムツムがやりやすくなりました。
・ガラスなので透過性は素晴らしいと思います。

・安いので期待していませんでしたが,とても綺麗で満足です。
・思っていたより厚かったが貼ってみると全く違和感がないです。
・同様の商品がドコモショップだと2,000円~3,000円ぐらいします。

・不注意でよく携帯落としてしまうので助かります。
・指紋の跡も付きにくく汚れてもすぐにきれいになります。
・明るさ,クリア,反応は断然こちらの方が良いです。

・スクリーンを拭くクロスやホコリ取りなども付いていました。
・はり方も難しくなく画面もきれいに見えるので満足しています。
・このお値段で送料無料。いい買い物が出来たと思います。

・傷もつかず手垢やファンデーションもつきにくいので助かります。
・本当に画面は傷つきにくくてとても綺麗で気に入っています。
・見やすさ触り心地ともにものすごく満足しています。

・フィルム貼りは苦手でしたがこちらの商品は綺麗に貼れます。
・これがあれば家の猫に踏まれても液晶の傷を防止できます。
・操作感に全く問題はなく透明度もかなり高いです。

・自転車のスマホホルダーにセットした時などやっぱり安心です。
・貼りやすくてツルツルピカピカでとっても綺麗です。
・今までのフィルムに比べるととても綺麗で,動作も問題無しです。

・スマホ落とすことが多いのでこの強化ガラスを購入しました。
・すごい。簡単に貼れちゃいました。貼り直しも簡単です。
・フィルムをそっと置くだけで勝手に空気が抜けて貼れます。

・今までフィルターを貼れたことがなかった私でも貼れました。
・不器用な私でも気泡が入ることなくピタッと貼れました。
・指紋認証も問題なく使えて傷もつかないので安心しています。

・不器用な私でもキレイに貼ることができました。
・他社の強化ガラスより薄くて透明度も高いような気がします。
・ガラスなので他のフイルムタイプのようにペラペラしません。

・画面を保護するにはやっぱり強化ガラスの方が安心です。
・画面がとても綺麗で使いやすいです。
・カンタンに貼れて気泡もなく綺麗に仕上げることができました。

・画面の透明度も変わりなくスムーズな操作感が気持ちいいです。
・貼りやすさは皆さんおっしゃる通り素晴らしいです。
・動作に全く支障なくサクサク動きます。優秀なフィルムです。

まとめ

さていかがでしたでしょか。
みなさん,ほとんど絶賛のコメントばかりですよね~。

貼りやすさ,使い心地,コスパなど
すべての面で満足のいく商品であることがわかります。

価格もリーズナブルで送料無料。
しかもポイントもたくさんつくとなれば
買わない理由はありませんよねっ o(^o^)o!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

<スポンサーリンク>

PAGE TOP ↑