私に歌うことの喜びを教えてくれたSuperfly

公開日:  最終更新日:2016/08/19

2,500円でアルコール9時間飲み放題!

こんにちは。
今日はカラオケの話題です。

いつも商品の紹介ばっかりじゃ飽きてしまうので
今日は私の個人的な日記をお届けします。

実は私, カラオケが大大大好きで
週に1度は近所のカラオケ店(SHIDAX)に通ってます。
もちろん“ヒトカラ”(一人カラオケ)です。

11時の開店と同時に
フリータイム&ドリンクバーで入れば
1,500円ちょっとで夕方まで歌い放題!

月に一回はアルコール飲み放題もオーダー。
これだと2,500円前後で全てのお酒が飲み放題。
しかもフリータイムなので最長9時間までOK。

ビール,ハイボール,チューハイ,日本酒
なんでもありの超お得なプランです。

もちろんおつまみは別料金ですが
2,500円で9時間飲み放題はウレしすぎます。

ルームでは私一人だけなので
だれにも遠慮することなく思いっきり歌えます。

どんな曲を何回歌おうと自分の自由。
音程はずしまくりの超オンチな歌でも
気にせず安心してシャウトできます。

生ビール片手にガンガン歌えば
日頃のストレスもすべて消えて心は完全リフレッシュ。
心身ともにスッキリして家に帰れます。

リーズナブルなお値段でた~っぷり楽しめるカラオケ。
今の私にとってなくてはならない存在です。


<スポンサーリンク>




カラオケは憂鬱以外の何物でもなかった

今でこそカラオケ大好き人間の私ですが
数年前まではカラオケなんて大大大っきらいでした。

職場の同僚とか友人とかといっしょに行っても
ほ~~んと苦痛だったんですよ~。

まず耐えられなかったのがあの大音響。
脇にいる人との会話もままならず,ほ~んと嫌でした。
帰り道は耳がキーンとして不快感はマックス。

なんといっても一番嫌だったのは
歌うことを強制されることです。

あの雰囲気の中にいると,場を盛り上げるために
なんか歌わなきゃダメみたいな感じになるでしょ?

「私はみんなの歌を聴いてるだけでいいから」

って言っても,マイクとリモコン渡されると
なんかほとんど命令されてるって感じで…

そう言いながらも

「私もお金払ってるんだから歌わないと損!」

みたいな気持ちにもなるし。

「ああ~~ こんな下手くそな歌,
人前ではぜったい歌いたくないよ~~」

とか思いながら
テキトーに歌ってごまかしてました。

そしてそれ以上に耐えられないのが
他の人の音程はずしまくりの歌を聴くこと。

酔っぱらいオヤジのダミ声カラオケを
フルコーラスで聴かされた日には
もう気が狂いそうになりましたっ(笑)

そんなこんなで私にとって
カラオケは憂鬱以外の何物でもなかったんです。


<スポンサーリンク>




すべてはドクターXのエンディングから始まった

そんな私がなぜ
カラオケ大好き人間になったのか。

そのきっかけは
あるアーティストとの出会いでした。

あれは確か3年前のことです。
「ドクターX」というドラマのエンディングテーマを聴いて
全身がゾクゾクするほどカンゲキしちゃったのです。

まるで洋楽を聴いているかのような
インパクトのあるギターの旋律。

それにピッタリあわせて
パワフルにシャウトするド迫力のボーカル。

私が今まで聴いてきたJ-POPとは
一線を画する迫力あるロックのリズム!

その素晴らしいサウンドに
私は完全にノックアウトされてしまいました。

「この凄いボーカルは何? いったい誰が歌ってるの?」

そこで初めて私はSuperflyという
アーティストの存在を知りました。

実は私, 元々は洋楽ファンで
J-POPなんて全く見向きもしませんでした。

ストーンズとかエアロスミスとか
ボンジョビとか,それ系のロックが大好きで
いつもカーステレオで聴いてました。

そういうバックグラウンドがあったので
Superflyのロックスピリットに
ピピッ!と反応したんだと思います。


<スポンサーリンク>




Superflyのサウンドにどっぷり浸かる日々

その圧倒的なサウンドに圧倒された私は
さっそくレンタルショップに行って
Superflyのファーストアルバムを借りました。

ワクワクしながら
CDのプレイボタンをピッ!と押した私。

でも,初めてアルバムを通して聴いた時は
正直あんまりピンときませんでした。

「ふ~~ん,こんなもんか」って感じで
ドクターXの時のような衝撃はありませんでした。

「あれ~~ 期待ハズれだったかなぁ…」

ちょっとガッカリでした。
ドクターXではあんなにカンゲキしたのに…

でも,一度で良さがわかるはずもないと思い直し
何度か繰り返し聴き続けました。

確かアルバムを聴くのが
4回目か5回目の時だったと思います。

その圧倒的なサウンドがいきなり
ドカ~~ンと心に突き刺さってきたんです。

それは本当に突然のことでした。
あまりの素晴らしさに圧倒されました。

「Superflyマジ凄いぃ~! やっぱり思った通りだった!」

以来,Superflyのサウンドに
どっぷり浸かる日々が続きます。

ファーストアルバムの次はセカンド,サードと
すべてのアルバムを聴きまくりました。

どのアルバムも完成度がハンパなく
1曲1曲のクオリティが圧倒的でした。

洋楽をたくさん聴いてきた私ですが
過去に出会ったどのアーティストよりも
Superflyのサウンドに魅了されました。

大好きな曲は自然に歌いたくなります。
CDに合わせていっしょに口ずさんでいるうちに
いつしか私は歌うことが大好きになっていました。

歌うことってこんなに楽しいんだ!

ここから私のカラオケ通いが始まります。
もちろん歌うのはSuperflyの曲だけ!

でも実際に自分が歌うとなると
Superflyの曲ってどれも超~難しいんです。

まず,キーがめちゃくちゃ高いし
リズムも早くてついていくのが超大変っ!

ところどころに出てくる
英語の歌詞も発音がむずかしくて
なかなかうまく歌えません。

でも少しでも志帆ちゃん(ボーカル)の
歌声に近づきたくて必死になって練習しました。

するとほんとに不思議なもので
少しずつ少しずつ上手になってくんです。

歌えば歌うほど,その量に比例して
声もしっかり出るようになってきました。

最初ははずしまくりだった音程も
少しずつ合うようになっていきました。

サビの部分で出せなかった高音が
練習を重ねるごとにどんどん出るようになり
自分でもビックリしました。

「歌うことってこんなに楽しいんだ!」

歌うことの喜びを知った私は
さまざまな曲にチャレンジするようになりました。

結果,レパートリーも次第に増え,
今ではSuperfly以外の曲もたくさん
歌うようになりました。

私に歌うことの楽しさを教えてくれたSuperflyには
いくら感謝しても感謝しきれないくらいです。

Superflyとの出会いに感謝

自分で毎日歌うようになって気づきました。
練習すれば確実に上手になるんだなって。

考えてみれば自分の声は楽器みたいなもの。
ピアノやギターだって毎日練習をくり返せば
誰だってある程度のレベルには行きます。

歌もこれと同じで
毎日楽しみながら練習していれば
自然に上手になっていくんですよね~。

いったん声が出るようになると
それが快感になってますますテンションが上がります。
そうするとまた声がさらに出るようになる。

そのくり返しの中で
歌うことがどんどん楽しくなってくる。
そんな感じです。

歌うことの喜びを知って
私の人生は大きく変わったような気がします。

いやなこと,つらいことがあっても
志帆ちゃんといっしょにシャウトしていると
いつの間にか心が明るくなって
また頑張ろう!って希望が湧いてきます。

私に生きる勇気と喜びを与えてくれるSuperfly。
こんな素晴らしいアーティストに出会えたことに
心の底から幸せを感じる毎日です。

<スポンサーリンク>

PAGE TOP ↑