格安スマホのメリットとデメリット オススメは楽天とイオン

公開日: 

格安スマホの利用者が急速に拡大

こんにちは。
今日は「格安スマホ」の話題をお届けします。

最近あちこちで耳にする「格安スマホ」。
大手に比べて利用料がかなり安くなることから
大きな注目を集めています。

携帯電話の会社を見直すことで
基本料金を下げられるのではと考える人が
増えているのがその理由です。

新たな事業者も続々と参入し,
利用者が急速に拡大しています。

その数は200を超える勢いで
楽天やイオン,LINEなどの大手も
続々と参入を発表しています。

大きな注目を集める格安スマホ。
従来と比べてなぜ安くできるのでしょうか。
また見直す際の注意点は何でしょうか。

これからのスマホ選びにも役立つ
最新の情報をお届けしたいと思います。


<スポンサーリンク>




格安スマホとはどんなサービスなのか

そもそも格安スマホとは
どんなサービスなのでしょうか。

その仕組みを理解するポイントとなるのが
スマホの中に入っているSIMカードというICチップ。

ここにはさまざまな情報が入っていて
その情報をもとにサービスの契約が行われます。

大手通信会社は端末とこのSIMカードを
セットにして販売しています。

つまり端末というハードと
通信サービスをセットにして販売するため
どうしても高額になってしまうのです。

しかし格安スマホなら通信サービスのみを
割安な料金で提供することができます。

料金が安くなる理由ですが
大手通信会社の回線を借りてサービスを
提供しているためです。

通信インフラへの設備投資が不要なので
コストを低く抑えることができます。

たとえば大手通信会社では
月額6千円以上する使用料が
格安スマホだとその半分以下になります。

なぜこんなに安くできるのかというと
ここ数年で大手会社の回線使用料が
大きく値下がりしているためです。

総務省が新規事業者の参入を促すために
法律を改正,新たなガイドラインを作成したことで
こうした流れが加速しました。

SIMカードを販売する事業者の
相次ぐ参入で,さまざまな通信サービスを
選べことが可能となりました。


<スポンサーリンク>




格安スマホのおすすめはイオンと楽天

大手流通会社や通販会社も
格安スマホへの参入を表明しています。

その一つがイオンの格安スマホ。
最大の特徴は割安な料金設定です。

音声通話ができる契約だと
月々1,180円と大手のおよそ4分の1。

イオンが強みにしているのが
全国各地にあるグループの店舗です。
200を超える店舗で契約手続きができます。

すでにある売り場を利用するため
新規参入への初期投資が少なくて済み,
格安での提供が可能になりました。

もう一つは楽天。
今使っている端末はそのままで
通信の契約を切り換えることができます。

SIMカードを入れ換えることで
月々の支払いが大幅に安くなるとアピール。

iphoneでもSIMカードが使えることを知り
乗り換える人が増えているそうです。


<スポンサーリンク>




安いだけではない格安スマホの魅力

しかもその人気の背景にあるのは
格安な料金設定だけではありません。

利用者のニーズを狙った
新たなサービスを展開することで
多くのユーザーを獲得しようとしています。

その一例として
TSUYAYAのプランを見てみましょう。

月額の基本料金は1,000円。
メインターゲットは子供や高齢者です。

その利用者の一人であるAさん。
小学5年生の娘に格安スマホを購入しました。

決め手となったのは子供向けのサービスが
充実していることです。

たとえば家族専用のサイトを通じて
子供の居場所をすぐに確かめることができます。

さらにアプリの制限や利用時間などを
保護者が細かく設定することもできます。

歩きながらスマホを操作すると
自動的にロックがかかって使えなくなるなど
便利な機能がたくさんあります。

子供なので通話は少ないため
以前と比べると料金は30%ほど安くなりました。

このようにこの会社では
顧客のサービス体制が充実しています。

スマホのトラブルを自動で修正するアイテムや
電話でのサポート体制などを整備。

こうした努力が実を結び顧客の半数以上は
初めてスマホを利用する人だそうです。

一方,大手通信会社の回線を借りるだけでなく
自ら端末を製造販売することで顧客を
獲得しようとしている企業もあります。

たとえばフリーテルが手がけるスマホは
端末のデザイン性と品質を追求しています。

アルミ製で薄くて軽いボディが特徴。
それでも大手メーカーの最新機種と比べて
2万円ほど割安になっています。

端末代と60分の無料通話込みで
月額3,000円弱で契約できます。

生産は中国の工場に委託し
日本人の大手電気メーカーの技術者を採用。

徹底した製品管理を行い
不良品の発生頻度を低くしています。

家電量販店にも専門のカウンターを設け
全国で150の売り場を構える計画です。

格安スマホの注意点やデメリット

一見するといいことづくめのようですが
格安スマホにはいくつか注意すべき点もあります。

ネットやメールなどデータ通信が主だという人は
乗り換えで安くなる可能性が大きいです。

一方,通話が多いという人は
乗り換えで逆に高くつく場合もあります。
そのあたりを詳しく見ていきましょう。

ポイントは次の4点です。

1) 契約に必要な手続きが煩雑
2) 通信速度が遅くなる場合がある
3) キャリアメールが使えない
4) かけ放題プランが少ない

契約に必要な手続きが煩雑

大手携帯会社との契約と違って
必要な手続きを自分で行う必要があります。

慣れない人にとっては煩雑な作業なので
面倒に感じるかもしれません。

通信速度が遅くなる場合がある

利用者が増えて回線が混雑すると
大手に比べて通信速度が大幅に遅くなるケースが
いくつか報告されています。

たとえば昼休みのように
スマホの利用が集中する時間帯などは
速度が落ちる場合があります。

キャリアメールが使えない

これまで使っていた大手通信会社の
メールアドレスが使えなくなります。

新しいメールアドレスに変更となるため
知人や友人への連絡が必要となります。

かけ放題プランが少ない

電話のかけ放題プランが少ないため
通話の多い人は注意が必要です。

たとえば大手だと
5分以内のかけ放題が月額1,700円,
無制限かけ放題2,700円などのプランがあります。

しかし格安スマホにはこうしたプランはまだ少なく
従量制の料金プランを採用しているところが多いようです。

そのため通話が多い人は
逆に利用料金が高くなってしまうこともあります。

ただ楽天などは5分以内かけ放題で850円,
ニフティは90分以内かけ放題で1,300円など
いくつかのプランも出てきています。

まとめ

さていかがでしたでしょうか。

システムの概要をしっかり理解し
上手に利用することで大幅なコスト節約が
可能となる格安スマホ。

わたしたち消費者にとって
こうした選択肢が増えるのは
非常にありがたいことだと思います。

まずは自分の使い方をしっかり把握し
選択の幅を広げていきたいものですね。

<スポンサーリンク>

PAGE TOP ↑