まちかど情報室 4月19日 畳のよさ生かしました

公開日: 

はじめに

4月19日のNHK「まちかど情報室」では
畳の温もりを生かしたアイテムが紹介されました。

最近の家はフローリングの床が多く
畳の温かい雰囲気を味わえる場所というのは
意外と少ないですよね~。

実家や親戚の家に行った時など
畳の部屋に座って懐かしい気持ちになる人も
多いのではないでしょうか。

今日,ご紹介するアイテムは
どれもいぐさの香りが優しく漂い
ホッとする癒しを届けてくれます。


<スポンサーリンク>




職人が手作りしている畳のブックカバー

そんな畳の感触を気軽に味わえるのが
こちらのブックカバーです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

畳ブックカバー あじろ鶯(うぐいす)

都内の畳屋さんが手作りしている畳表が
そのままこのブックカバーに使われています。

このブックカバーをつけた本からは
いぐさの香りがほんのりと漂ってきます。

畳のある昔の家で育った人には
どこか懐かしい香りですか

畳みならではの柔らかな手触りや
使い込むほどに味わいを増す雰囲気も
このブックカバーの大きな魅力です。

ページをめくる時に
ちょっとすべるような感じがするので
読書の楽しみがさらに増します。


<スポンサーリンク>




中敷きに熊本特産のイグサを使った畳の草履

次は中敷きに畳を用いた草履です。
畳の上を歩いているような感触が味わえます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

熊本大学と健康美容製品を扱うメーカーが
共同でこの草履を考案しました。

つま先の部分に段差があるので
足指を動かしやすい設計になっています。

自分で意識しなくても足指が動くので
高齢者の転倒リスクを減らすこともできます。

家の中だけでなく屋外での利用もOK。
畳の温かさが伝わってリラックスできます。


<スポンサーリンク>




飼い猫を引き寄せる不思議な畳

次は床に置くだけで猫を引き寄せるという
不思議な六角形の畳です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

これを床にそっと置くだけで
猫が引き寄せられて自然に座るという
ちょっと不思議な畳です。

この畳は京都の職人さんが
一つ一つ手作りで製作しています。

猫は仕切られた狭いスペースを好むので
試しに専用の畳を作ってみたそうです。

畳の厚さはおよそ2㎝なので
猫が上に乗るには丁度いいサイズです。

ヘリの部分に黒い布を縫いつけることで
猫にとっての“閉ざされたスペース”という
印象を与えることに成功しました。

薄くて軽量なので
あちこち持ち運べるのも便利。

可愛いペットの猫ちゃんに
ちょっとだけじっとしていて欲しい時など
と~っても重宝するアイテムです。

まとめ

私が一番興味を覚えたのは猫専用の畳です。
映像を見ると,ほんとに猫がちゃんと座るんです。

脇にクッションなどを置いといても
ネコちゃんは畳の方に座りました。

黒い模様で縁取られた六角形の畳を
自分専用の居場所のように感じるのでしょうね。

周囲に縁取りがあるだけで
“自分の空間”という感じがするのは
私たち人間も同じかもしれません。

<スポンサーリンク>

PAGE TOP ↑