まちかど情報室 4月24日 ひいて味わうリラックス

公開日: 

はじめに

今日は身近にあるものを手軽に挽いて
粉にして楽しめる便利アイテムをご紹介します。

挽き立てのコーヒー豆の香りって
リラックスできほ~んといいですよね。

というワケでまずは
カフェで楽しむような美味しいコーヒーを
手軽に味わうアイテムをご紹介します。


<スポンサーリンク>




コーヒー豆用のタンブラー

最初にご紹介するのは
どこでも手軽にコーヒー豆を挽いて
できたての美味しさを味わえるタンブラーです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

蓋を開けると中に小型のミルがあります。
ここにコーヒー豆を入れてハンドルをグルグル回せば
カンタンに豆を挽くことができます。

挽いた豆は網状のドリッパーの中に落ちます。
蓋に入れたお湯をこのドリッパーの中に注げば
本格的なコーヒーを楽しむことができます。

蓋には小さな注ぎ口がついているので
少しずつお湯を注ぐことができます。

挽きたての香り漂う本格的なコーヒーが
これ一本で手軽にできます。

タンブラーは保温効果が高いので
1時間程度温かい状態をキープしてくれます。

もちろんインスタントに比べれば
手間はかかますが,この美味しさを屋外でも
手軽に味わえるのは大きな魅力です。

パーツごとに分解できるので
洗うのもカンタンで衛生的です。


<スポンサーリンク>




コンパクトな鉄の臼

次にご紹介するのは
ユニークな形をした鉄の臼です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【桑原鋳工】鉄臼 U001
価格:20520円(税込、送料無料) (2017/4/24時点)

 

この臼は三重県桑名市の
鋳物メーカーが考案しました。

鉄は石よりも重量があるので
小さな蓋でもずっしりと重みがあり
豆を挽くのに適しています。

そのためコンパクトながら本格的な臼として
しっかりと豆をひくことができます。

挽き方はと~ってもカンタン。
上の部分の小さな穴からから大豆などを入れ
ハンドルをグルグルまわすだけです。

大豆を挽けばでき立てのきな粉を
煎った黒豆を挽いて粉にすれば
美味しい黒豆茶を楽しむこともできます。

市販の物より挽きたての方が味わいも深く
さらにおいしく頂くことができます。

これ一つあれば飲み物や料理の幅も
グ~~ンと広がりますねっ!

ちなみに私は黒豆茶が大好きなので
この臼,すご~~く欲しいです。


<スポンサーリンク>




茶葉を手軽に粉末にできるアイテム

最後は茶葉を粉末にして
さらに幅広く楽しむことができるアイテムです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

手のひらサイズのこの容器。
お茶を砕いて簡単に抹茶にできます。

中にお茶の葉専用の臼が入っています。
お茶の葉を上から入れたらハンドルを回すだけ。

臼の表面には細かい溝がついており
ここでお茶の葉が細かく粉砕されます。

ひいた粉は好きな量だけ出すことができます。
飲み終わったあとの茶葉を捨てる必要もないので
緑茶を丸ごと摂取できるというわけです。

ひきたてなので味も爽やか。
お茶の葉そのものを飲んでいる感じで
とても美味しく頂くことができます。

粉末なので急須やティーバッグが不要。
お湯を加えるだけですぐに飲めます。
水だしもスムーズで美味しく飲めます。

ちなみにこのアイテムは
職場でよく緑茶を飲む男性が考案したとのこと。

飲んだあとの茶葉の始末が面倒だと感じ
何か方法はないものかと思案したそうです。

まとめ

というわけで今日のまちかど情報室は
簡単に豆やお茶が挽ける便利アイテムの紹介でした。

ちなみに私自身はコーヒーも黒豆茶も緑茶も
ぜ~んぶ大好きなので3つとも欲しくなっちゃいました。

ただ飲む頻度から言ったら緑茶でしょうか。
スーパーなどで粉茶を買ってきてよく飲んでいます。

ただスーパーで売ってる粉茶って
一袋900円くらいするんですよね~~。
いつもちょっと高いなぁと感じてます。

でも普通の茶葉を粉茶にできるなら
こっちの方が安く上がるかもしれませんね(笑)

<スポンサーリンク>

PAGE TOP ↑