まちかど情報室 4月28日 休日の思い出残そう

公開日: 

はじめに

いよいよ始まるゴールデンウィーク。
お出かけの計画を立てている人も多いと思います。

テーマパークや遊園地,動物園,
釣りやキャンプにバーベキューなど,
考えただけでワクワクしてきますよね~。

さて今日のまちかど情報室では
そんな旅行先の思い出をしっかり記録できる
ユニークなアイテムが紹介されました。


<スポンサーリンク>




写真を布に印刷して立体的に飾れるキット

最初にご紹介するのは
プリンタで直接印刷できる“布”です。

家庭で簡単に布に写真などを印刷して
壁などに飾ることができます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オールインワンファブリックパネル長方形1セット×3
価格:1800円(税込、送料別) (2017/4/28時点)

 

インクを吸収しやすいように
ポリエステル製の繊維が使われています。

家庭用のインクジェットプリンタで
紙と同じように印刷することができます。

布に直接印刷することで
まるでキャンバスに描いた絵のような
独特の風合いを楽しめます。

この布は裏がシールになっているので
付属の台紙に貼り付けて組み立てると
立体的な額になります。

ヨーロッパで人気の
“ファブリックパネル”をヒントにして
この商品が生まれたそうです。

壁に掛けて横から見ると立体感があり
インパクトのあるレイアウトが楽しめます。


<スポンサーリンク>




スマートフォンのカメラにセットして使うレンズ

次はスマホのカメラで
接写や自撮りをする時などに
便利なアイテムをご紹介します。

スマホで花などの接写をする時
被写体が近すぎてピントがぼやけてしまい
なかなかうまく撮影できません。

そんなとき便利なのがコチラ。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

装着はと~っても簡単です。
スマートホンのレンズの部分に
クリップのようにはさむだけ。

これで撮影すると接写でもピントが合い
クローズアップ画像もきれいに撮影できます。

花などをアップで撮影すると
いつもとは違った雰囲気を楽しめます。

またセットになっている広角レンズを付けると
より広い範囲を1枚の画像に収めることができます。

これを使うと自分と家族を自撮りする時など
背景を広く写し込むことができます。

周囲の風景もしっかり写せるので
より臨場感のある写真が撮れます。


<スポンサーリンク>




紙にかいた手書き文字やイラストをデータで取り込めるボードとペン

旅先の様子を描いた絵やメモなどを
電子データとして保存できるアイテムを
最後にご紹介しましょう。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

このボードに普通のノートをはさみ
その上から専用のペンで絵や文字を書けば
そのままデータとして保存できます。

取り込んだ絵には色をつけたり
メールで送ったすることもできます。

ペンとボードが通信していて
ペン先の動きをボードが認識して
データとして取り込みます。

ボードの範囲に収まっていれば
厚さ8ミリ程度までならどんな紙を挟んでも
データ認識が可能です。

絵やイラストにして送ることで
文字だけではなかなか伝わりにくい気持ちを
ストレートに表現することができます。

文字もそのまま認識するので
メモ代わりにも重宝します。

おわりに

私がぜひやってみたいと思ったのが
布に写真を印刷して壁に飾るキットです。

布の表面は細かい凹凸があるので
まさにキャンバスに描いた絵のように見えます。

パソコンにため込んだ画像も
これで印刷するとまた違った雰囲気が
楽しめそうですよね~。

撮影した写真だけでなく
お気に入りのイラストや絵画なども
パソコンに取り込めば印刷できます。

お部屋のアクセントにもなるので
ぜひ試してみたいと思いました。

<スポンサーリンク>

PAGE TOP ↑