オフショルダー着用時にブラ紐隠す裏技

公開日:  最終更新日:2017/08/01

はじめに

首から肩を大胆に見せるオフショルダー
去年あたりから大流行の兆しを見せています。

最近はデザインも多様化し,
ワンピースやカットソー,Tシャツなど
さまざまなオフショルアイテムが人気です。

さてそんなオフショルダーですが
一番の悩みの種はインナーですよね~。

肩の部分が広く開いているので
下着選びをどうするかが最大の問題です。

キュートなオフショルダーも
ブラのストラップが丸見えでは台無しです。

一番カンタンにできる対策は
ブラの肩ひもを二の腕あたりまで下ろして
見えなくするという方法です。

でもこれだとブラが落ちそうで
ちょっと頼りないですよね~。

そこでこのページでは
オフショルダー着用時のブラ紐対策について
いくつかご紹介したいと思います。

主な方法は次の4つです。

1) ブラストラップを交換する
2) ストラップなしのブラを利用する
3) ヌーブラを利用する
4) 最初から肩ひも付きオフショルにする

以下,一つずつ具体的に見ていきましょう。


<スポンサーリンク>




対策1 ブラストラップの交換

一番カンタンにできる方法が
ブラのストラップを交換するというもの。

最近はほとんどのブラがストラップを
付け替えることができるようになっています。

このストラップを付け替えることで
肩ひもを目立たなくすることができます。

一番のオススメは透明ストラップです。
楽天一番人気の商品がコチラ。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

長所は非常にカンタンにできるという点。
ストラップをチョチョッと付け替えるだけなので
誰でもすぐにできるのがメリットです。

短所はすぐ近くで見ると
ストラップの存在がわかってしまうという点。

透明なので遠目には目立ちませんが
近くで見るとさすがに見えてしまいます。

普段とは違うストラップなので
人によっては肌荒れを引き起こしたり
紐が肌に食い込んで痛みを感じるなど
トラブルを引き起こすこともあります。

そんなときは透明ストラップをやめて
逆に“見せるストラップ”にしてしまうという
逆転の発想もあります。

リボンつきの可愛いデザインや
チェーンタイプなどさまざまなストラップが
通販などで販売されています。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

こうしたアイテムを積極的に利用し
アクセントとして活用するのも一つの手です。


<スポンサーリンク>




対策2 ストラップなしのブラを利用

肩ひものないブラを着用すれば
ストラップの問題はイッキに解決します。

そんなブラの代表選手と言えば
チューブトップやベアトップでしょう。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

これならバスト全体をしっかりキープして
ブラジャーの代役を果してくれます。

これなら肩ひもを気にすることなく
堂々とオフショルダーを楽しめますよね。

ただしホールド力は普通のブラに比べて弱いので
胸の形がキレイに出ない場合もあります。

特に胸が小さい人や大きい人は
通常のブラのようなカップ補正ができないため
イメージが変わってしまう場合もあります。

そんなときにオススメなのが
ロングブラと呼ばれるインナーです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

チューブトップと違って
カップの部分がしっかり成型されています。

カップ下にもサポート生地が配置され
下からバスト全体を持ち上げる構造になっています。

そのためチューブトップに比べて
バストの形がキレイに出やすいのが特徴。

バストを高い位置でキープしてくれるので
D~Eカップの人にもオススメしたいアイテムです。

さらに高いレベルを求める人には
ブライダルインナーもおすすめ。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

もちろんお値段はかなりしますが
ブライダルインナーならバストからウエストまで
スリムなシルエットを演出してくれます。

色も白が基調なので透け対策も万全。
どんなアイテムにも幅広く対応します。


<スポンサーリンク>




対策3 ヌーブラの利用

チューブトップではキレイなラインが
出ないと心配している人にイチオシなのが
バストに直接貼り付ける“ヌーブラ”です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

ヌーブラならバストアップ効果も非常に高く
全体のボリュームアップには最適です。

バストに密着してしっかりホールド。
激しい動きにもしっかりと対応します。

締めつけ感も少なく軽快な着け心地。
谷間メイクとリラックスの2つが同時にできて
まさに一石二鳥の方法です。

特に最近のヌーブラは
自然なカーブでバストにしっかり密着し
キレイなシルエットを作り出します。

またチューブトップなどに比べると
パッドの厚みやサイズも豊富にラインナップ。

あなたのバストの形に一番合ったアイテムを
選べるのもうれしいメリットですね。

お値段はちょっと高いですが
キレイなバストラインを出したいのなら
ヌーブラが一番のオススメです。

対策4 肩ひも付きオフショル

一口に“オフショルダー”といっても
その種類はさまざまです。

初めから肩ひもがついたタイプなら
ストラップ付きのブラでも大丈夫です。

肩ひもがついているオープンショルダーや
肩から二の腕にかけてスリットが入ったものなど
さまざまなデザインが出ています。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

普段のブラをつけたまま
オフショルダーの感覚を味わえるのは
大きなメリットだと思います。

またオフショルダーの下に
可愛い紐のキャミソールを着るのもオススメ。

ブラのストラップと違って
いかもに“下着的“な雰囲気が出ないので
自然な着こなしができます。

これと似た方法としては
ホルターネックの水着などをオフショルの
下に着用するという手もあります。

ホルターネックなら
肌を覆う部分は首回りだけなので
肩を広く出せるメリットがあります。

おわりに

さていかがでしたでしょうか。

オフショルダーのブラ対策として
4つの方法をご紹介しました。

もう一度復習しておきましょう。

1) ブラストラップを交換する
2) ストラップなしのブラを利用する
3) ヌーブラを利用する
4) 最初から肩ひも付きオフショルにする

あなたの胸の形や予算に応じて
一番合った方法を見つけてくださいね!

<スポンサーリンク>

PAGE TOP ↑