サロペットとオールインワンの違いやトイレ対策など

公開日: 

サロペットやオールインワンが大人気

最近,人気を集めているレディースアイテムが
サロペットやオールインワンです。

トップスとボトムズが一体化したデザインは
洗練された大人の雰囲気が漂います。

帽子やスニーカーとの相性もよく
“今風コーデ” を手軽に楽しめるアイテムです。

でもこの2つ, いったいどこがどう違うのかを
はっきりと区別できる人は少ないのではないでしょうか。

「なんとな~くわかるんだけど
はっきり言葉で説明できるほどじゃない。」

そんな感じの人が
多いのではないかと思います。

そこでこのページでは
オールインワンとサロペットの違いについて
具体的に説明してみたいと思います。

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

まずは「オールインワン」ですが
こちらは英語です。

その意味をざっくり一言で表現すれば
「全てが一つになったもの」ということです。

そのためオールインワンという言葉は
世間一般でも幅広く使われています。

例えば下着のオールインワンは
ブラジャー,ガードル,コルセットの機能が
一つになったアイテムのこと。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

クリームのオールインワンは
化粧水,乳液,クリーム,美容液,化粧下地が
一つにまとまったものです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

英語参考書のオールインワンは
単語と文法と長文読解が一冊で学べます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ALL IN ONE 4th Edition
価格:2138円(税込、送料別) (2017/6/10時点)

 

このようにさまざまな機能を
一つにギュギュッと凝縮したアイテムをまとめて
「オールインワン」と呼んでいるんですね。

一方,サロペットというのはフランス語で
こちらは完全なファッション用語です。

「トップスとボトムズが一体化したアイテム」
という意味で使われています。

つまり「オールインワン」という大きな括りのなかに
「サロペット」というカテゴリーがあると考えるのが
一番自然なのではないかと思います。

でも実際にファッション業界では
この2つの間に明確な線引きはされていません。

同じようなデザインのアイテムでも
あるショップは「サロペット」と呼び
別なショップは「オールインワン」と呼んでいる。
そんな感じです。

それでもやっばりネーミングが違うということは
中身も当然ちがうということですねよね?

というわけで次の章ではこの2つの違いについて
さらに詳しく説明していきたいと思います。


<スポンサーリンク>




サロペットはキャミとショートパンツが一体化したもの

まずサロペットからいきましょう。

サロペットの基本的なイメージは
「吊り紐が背中で交差された服」です。

肩ひもが背中でクロスしていて
ボトムズの部分がショートパンツのものを
基本的にサロペットと言います。

肩ひもは細くキャミソール的な感じです。
当然,袖はついていません。

胸当ては付いていますが
背中の部分は肩ひもしかありません。

背中の部分は大きく開いているので
下に何か着るのが基本です。

ということでサロペットの特徴は
以下の4点にまとめることができます。

1) 吊り紐が背中で交差している
2) 胸当てはあるが背中は大きく開いている
3) 肩ひもは細くキャミソール的イメージ
4) ボトムズ部分はショートパンツ


<スポンサーリンク>




オールインワンはいわゆる“つなぎ服”

次はオールインワンです。

オールインワンの基本的イメージは
「胸当てとサスペンダーのついたズボン」。

基本はデニムの胸当てがついていて
背中の部分をしっかりと布地が覆います。
ボトムズはロングバンツが普通です。

サロペットに比べて体を覆う部分が広く
いわゆる“つなぎ服”的なイメージです。

おしゃれを前面に出すというよりは
機能性を重視したアイテムと言えるでしょう。

トップスは肩ひもで吊る形ではなく
半袖シャツやカットソーのような雰囲気です。

背中全体が布地でおおわれているので
下に何も着る必要がありません。

ということでオールインワンの特徴は
以下の3点にまとめることができます。

1) 背中の部分まで布地がある
2) トップスは吊り紐ではなく半袖シャツ的なデザイン
3) ボトムズ部分はロングバンツ

ちなみに“オーバーオール”という言葉も
オールインワンとほぼ同じ意味で使われています。

というわけで
サロペットとオールインワンの違いを
簡単にまとめるとこうなります。

・フランス語のサロペットはオシャレ重視。
・英語のオールインワンは機能性重視。

まあ常識的に考えても
フランスと言えば“おしゃれ”のイメージ,
アメリカと言えば“機能性”って感じですよね~。


<スポンサーリンク>




この他の似たようなもの

基本的にはオールインワンとサロペットの2つで
ほとんどのアイテムは説明できると思います。

でも実際にはこの他にも
いくつかの用語が使われることがあります。
そのあたりをちょっと確認しておきましょう。

ロンパース

こちらは赤ちゃん用のオールインワン服です。
上下が一続きになったベビー服のことです。

赤ちゃんが自由に脚を動かせるように
ショートパンツのようなデザインになっています。

コンビネゾン

もともとはフランス語です。
袖付きのトップスとボトムズが一体化したもの。

レーシングスーツやスキーウエアなども含まれ,
かなり幅広く使われる用語です。

ジャンプスーツ

こちらはミリタリーテイストの上下つなぎ服。
どちらかというとマニッシュ的な雰囲気かもしれません。

まとめとトイレの件について

以上, ざっくりと説明をしてきましたが
これはあくまで私個人の定義づけに過ぎません。

それぞれの用語に明確な線引きがあるわけではなく
各ショップやブランドでその解釈は微妙に異なります。

こうした表現の違いは
オールインワンとサロペット以外にも
数多く見られます。

たとえばヘアケア関連。
美容室,美容院,ヘアサロンなど
いろいろな言い方がありますよね~。

ボトムズではガウチョ,スカンツ,スカーチョ等々。
タイツがらみではスパッツ,レギンス,トレンカ等々。

どれもその形に大きな差があるわけではなく
各ブランドが独自の解釈で販売しています。

なぜこのようなことになるかと言いますと
既存の商品を新しいネーミングで売り出すことで
消費者に新鮮な感覚を与えることができるからです。

材質やデザインにわずか変更を加えただけなのに
名前を変えることで全く新しい商品が発売されたかのような
強い印象を与えることができます。

要するに,売れるネーミング,
かっこいいネーミングであればいいわけで
それが販売拡大につながります。

いろんな用語を次々と持ってくるのは
ファッション業界の常套手段というワケです。

私たち消費者はそうした流れに過剰に反応することなく
落ち着いてアイテムを選ぶようにしたいものですね。

あと,最後につけたし的な内容ですが
オールインワンやサロペットはトイレが超大変です。
肩ひもをぜ~んぶ下ろさないと用が足せませんから。

おろした布地がトイレの床に触れると
衛生面でもちょっと抵抗がありますよね~。

そんな時はファスナー付きのものを選びましょう。
これならトイレもスムーズです。

<スポンサーリンク>

PAGE TOP ↑