まちかど情報室 6月15日 ペットもひんやり快適

公開日: 

はじめに

今日の「まちかど情報室」では
暑い日でもペットが快適に過ごすことができる
ユニークなアイテムが紹介されました。

地球温暖化に伴って
年々, 暑さを増していく日本の夏。

最高気温が35度を越える
「猛暑日」も年々増えています。

でも,つらいのは私たち人間だけではありません。
ペットたちもこの暑さにはうんざりですよね~。

そんなペットたちが快適に過ごせるアイテムを
いくつかご紹介したいと思います。


<スポンサーリンク>




気化熱で器をひんやり保つペットボウル

最初に紹介されたのは
警察犬の訓練学校でも使われている
ペット用のボウルです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マギッソ ウォーターボウル Lサイズ ラージ
価格:7776円(税込、送料無料) (2017/6/15時点)

 

トレーニングの合間には
犬でもこまめな水分補給が必要です。

このボウルに入った水を
すごい勢いで水を飲む訓練犬たち。
と~っても美味しそうです。

実はこのボウルには秘密があって
中に入っている水が温まらないように
特別な素材(セラミック)でできています。

使う前にたっぷり濡らします。
水を止めると表面があっという間に
乾いた状態のようになります。

一見すると表面はカラカラのようですが
実は水が素材の中にしみ込んでいったため
乾いているように見えたのです。

しみ込んだ水は少しずつ蒸発し,
そのときに周囲から熱を奪います。
いわゆる“気化熱”というものです。

そのため容器を日なたに置いたままでも
中に入っている水の温度は上がりません。

番組では気温25度の中,
ステンレスのボウルに入れた水との
比較実験を紹介していました。

最初に入れた水の温度は22度ですが
ステンレスに入っている水は時間の経過と共に
温度もどんどん上がっていきます。

1時間後,2つの水の温度を比べてみると
この容器の水の温度はほとんど変化がないのに対し
ステンレスの水は30度近くまで上がっていました。


<スポンサーリンク>




ひんやりするアルミ製のねこ鍋

次にご紹介するのは
ネコが快適に過ごせるアルミ製の鍋です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ペッツルート 【数量限定】ひえひえアルミニャンコなべ
価格:5604円(税込、送料別) (2017/6/15時点)

 

このボールを日が当たらない場所に置くと
ネコが近寄ってきてこの中に入ります。

アルミは熱伝導が非常に高く
常に周囲と同じ温度を保とうとします。

ネコの体温は39度程度なので
すばやく熱を吸収しネコの体を冷やします。

ネコにとっても非常に快適で
一度入るとなかなか出てこないほど。

ボウルの中に入って寝ころんでいる
ネコの姿はと~っても愛らしくて癒されます。


<スポンサーリンク>




散歩中のペットの熱中症を予防する水冷式ベルト

最後にご紹介するのは
暑い日の犬の散歩に重宝するアイテムです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

熱中症対策わんこエアコンCA3typeW

人間と違って犬には汗腺がないため
暑くなると舌を出してハァハァします。

そのため犬は暑さに弱く
熱中症になりやすいと言われています。

散歩をしていても
ハァハァしているワンちゃんを見ると
ちょっと心配になってきますよね~。

そんなときに便利なのがこのアイテム。
犬の体にまきつけて体温を下げます。

使い方はカンタンです。
まずはベルトを犬の体に巻き付けます。

そしてポーチには氷水が入った
ペットボトルをセットします。

ベルトとポーチをチューブでつなぎ
スイッチを入れると氷水がチューブを通って
ベルトの中を循環します。

散歩中はリードといっしょに
このチューブを持って歩きます。

ベルト内側の温度は20度前後なので
犬にとっても快適な温度です。

実はこのアイテム,もともとは農作業など
屋外で人が使うことを前提に作られました。

ペットにも使えるのではないかと
このアイテムが開発されたそうです。

おわりに

さていかがでしたでしょうか。
どれもユニークなアイディアばかりで
興味深く拝見しました。

犬やネコを買っている人なら
絶対に欲しくなるものばかりですよね~。

私にとっては2つめに紹介された
ネコ用のアルミ製ボールが特に面白かったです。

ひんやりとしたボールの中で
ネコが気持ち良さそう~にまどろんでいる姿は
なんとも言えないいい雰囲気でした。

これ, 人間用にもできないかなぁ~。
いや, 大きすぎて無理か…(笑)。

<スポンサーリンク>

PAGE TOP ↑