炭酸水の効能・効果

公開日: 

炭酸水の効能・効果

最近話題の炭酸水。
私も大好きで,毎日飲んでいます。

私が大好きなのはハイボール。
ウイスキーを20ml程度グラスに入れて
そこに炭酸水を注ぎます。

レモン味の炭酸水を使えば
美味しさもグ~~ンとアップ!

ビールよりもカロリーが低く
プリン体も少ないので体に優しいです。

また,その日の体調によって
アルコールの濃度を調節できるので
幅広い楽しみ方ができます。

スーパーに行けば
500mlペットボトル1本が70円程度で購入でき,
お財布にもと~っても優しいです。

安くて美味しくて低カロリーの炭酸水。
健康面でもさまざまなメリットがあります。

NHKの「ためしてガッテン」などでも特集が組まれ
美肌や疲労回復に効果があると言われています。

今日はそうしたメリットについて
私が調べたことを書いてみたいと思います。


<スポンサーリンク>




疲労回復

疲労の原因となる物質は乳酸です。
この乳酸が筋肉の中にたまってくると
私たちは疲れを感じます。

炭酸水に含まれる二酸化炭素は
疲労物質である乳酸と結びついて
体外へと排出します。

乳酸が排出されることで
疲労の原因が速やかに除去され
疲労回復の効果が期待できます。

また炭酸水に含まれる二酸化炭素には
胃腸の働きを刺激する作用があります。

腸のぜん動運動を促進するので
便秘解消への効果も期待できます。

疲れが取れるだけでなく
憂鬱な便秘も解消してくれるなんて
炭酸水ってスゴイですよね~。


<スポンサーリンク>




血行促進

炭酸水を飲むと血中の二酸化炭素濃度が上がり
あなたのカラダは“酸素不足になった”と判断します

不足した酸素を補うためには
赤血球を豊富に供給する必要があります。

その結果として血流が増加し
血行促進へとつながります。

カラダの隅々まで酸素や栄養が供給され
新陳代謝が活発になります。

結果として体調が良くなり
カラダが軽く感じられるようになります。

その時,エネルギーも消費されるので基礎代謝がアップ。
ダイエット効果も期待できるというわけです。


<スポンサーリンク>




美肌効果

炭酸ガスは飲むことによってだけでなく
お肌からも直接,吸収されます。

二酸化炭素はお肌への浸透性が高く,
タンパク質と結びつきやすい性質があります。

お肌の表面に残った古い角質や脂質などに
二酸化炭素が付着し,肌から引き剥がします。

ニキビや吹き出物への効果も期待でき
お肌をみずみずしい状態に保ってくれます。

また炭酸水にレモンを入れれば
さらに効果をアップさせることができます。

レモンに含まれるビタミンCが代謝を刺激し
みずみずしいお肌へと導きます。

美髪効果

二酸化炭素が効果を発揮するのは
顔や手足の地肌だけではありません。

毛穴に付着した汚れをキレイにしてくれるので
頭皮の汚れにも効果を発揮します。

シャンプーだけで洗うよりも洗浄効果がアップし
毛穴の奥に詰まった汚れもしっかり落としてくれます。

毛髪に付着したワックスやシリコンも除去するので
髪本来のツヤが出てしっとりします。

また疲労回復のところにも書きましたが
皮膚や粘膜に付着した二酸化炭素は
その部分の血管を拡張させて血流を促進します。

そのため頭皮の血流も良くなり
抜け毛対策への効果も期待できるというワケです。

髪がしなやかになって抜け毛にも効果がある。
素晴らしいですよね~。

満腹感

炭酸水に含まれる二酸化炭素が
胃の中で膨らむので空腹感が解消され
たくさん食べたような気分になれます。

食事の前に一定量の炭酸水を飲むことで
食べる量を減らすことができます。

ただ注意して頂きたいのは
少しの量を飲んだだけでは胃が膨らまず
逆に食欲が増してしまうという点です。

ですので最低でも300ml以上は
飲むことをオススメします。

よく炭酸水にはダイエット効果があると言われますが
炭酸水そのものに痩せる効果はありません。

食事の前に炭酸水を飲むことでお腹が膨らみ
代謝が良くなることで太りにくい体質になるわけです。

飲む量は一日に1.5~2リットルがオススメ。
飲みすぎは下痢の原因にもなるので注意しましょう。

まとめ

さていかがでしたでしょうか。

私も毎日炭酸水を飲むようになってから
体調が良くなったように感じています。

でも具体的にどんな効果があるのかについては
自分でもよくわかっていませんでした。

今回,炭酸水のメリットを詳しく調べたことで
自分の中でも知識が整理されてスッキリしました。

飲むだけでなくお肌や髪にも
さまざまなメリットが期待できる炭酸水。

安くて手軽に購入できるのも
大きな魅力です。

ただし,どんなにいいものでも
「過ぎたるは及ばざるがごとし」です。

カラダにいいからといって飲み過ぎは禁物。
適量を守って賢く利用しましょう!

<スポンサーリンク>

PAGE TOP ↑